キービジュアル

EVENT

イベント情報

スタッフブログ

家に使われている素材

皆様、こんにちは。


住宅を扱う会社として、


世界にある家って

どんな素材で出来ているんだろう?と

今更ながら素朴な疑問が湧きました😲



世界の住宅で、伝統的に利用されている素材は、


石・土・木


この、三つの素材からできているものがほとんどですよね。



日本で圧倒的に多いのは『木』

つまり、木造の家です!




日本は海外に比べ、

樹木が豊富にあった事も一因ですが、

石も土も、豊富にあるのに

何故、『木』なのか。



それには理由がありました。



木の特性として、優れた機能である

『調湿機能』 があります。



もちろん、土にも調湿機能はありますが、

構造上、土壁の窓は小さくなります。



窓が小さいと、光を取り入れるのが

少し難しくなってしまいますよね。



その点、『木』は柱と梁を組み合わせて作るので、

窓も大きくとれ、明るい環境を手に入れる事ができます。



窓が大きいと、風も入れる事ができるので

調湿機能にも、ひと役買ってくれるわけです。



杉の柱一本で、600mm以上(ビール大瓶程度)

水分を吸収する能力がありますが、

六畳間ですと、柱が六本程度使われる事になるので

かなりの量になりますね。




しかも『木』は、木材になっても呼吸をしています。



その能力を最大限に生かすコツは、、、

育った通りに、その木を使う事だそうです。




柱に使う場合は、木元を下にする。

梁に使う場合は、木の背を太陽が当たる上に向けるのが大原則。



『木』を継ぐ場合も同じで、

木元と木末を合わせて継ぎます。

※植物の導管をつなげるように



そもそも樹木たちは、自分から場所を移動する事はなく

(ガジュマルや、エクアドルの木は移動するそうですが、、)


樹木のほとんどは、芽を出した環境に合わせて育ちますので

材木になったとしても、その特性は健在です。



お風呂場や台所には、湿地で育った『木』

リビングには日当たりの良い尾根の木が適しています。





【地元の木は、地元で使え】と、伝えられてきたのも、

木の能力を生かし、最大限に住み心地の良い家を作る上で、

大切な知恵でもあるんだと、改めて気づかされました。



『木』は、蒸し暑い日本の夏に、相応しい素材です。


これから家を建てようとお考えの皆様に、

改めて、『木』の家の良さをお伝えしたいと思いました。

お家の事でお困りの方は、株式会社山秀にお気軽にご相談くださいませ!
後悔しない家づくりを一緒に考えましょう!
お家のことなら株式会社山秀にお任せください😊

柏市の注文住宅といえば、SANSHU_HOME_STYLE
デザイン住宅・女性目線の生活動線・機能性重視の注文住宅

BACK

© 2023 株式会社山秀